スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

研究発表 プロジェクト終了

2012-03-27
新潟大学で開催された美術科教育学会新潟大会。「小規模美術館による社会教育活動の実践 -海の上の旧小学校を舞台として-」と題して「AKASAKI海想日誌」に関する研究発表を行いました。これをもって1年にわたる「AKASAKI海想日誌」の活動を終了します。ちなみに下り坂の天候ゆえに心配した伊丹・新潟空港間のプロペラ機の乗り心地はまずまずでした。新しいアートプロジェクト「TSUNAGIハート!アート!パラダイス!」のブログはただいま準備中です。もうしばらくお待ちください。

会場となった 新潟大学教育学部

伊丹・新潟空港間を飛ぶプロペラ機

スポンサーサイト
カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

「AKASAKI海想日誌」記録集刊行

2012-03-23
「AKASAKI海想日誌」の1年間の活動を綴った記録集(非売品)を刊行しました。
ワークショップにご参加いただいた方は1世帯に1冊お送りします。
九州を中心に当館と交流のある美術館などの公共施設にもお送りします。
その他の教育機関、文化施設などで送付を希望される場合は当館までお問い合わせください。
冊数に限りがありますので限定数に達した場合はご容赦ください。

記録集

記録集

カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

研究発表準備中

2012-03-13
3月27から29日にかけて新潟大学で開かれる美術科教育学会で「AKASAKI海想日誌」に関する研究発表を行います。題目は「小規模美術館による社会教育活動の実践 -海の上の旧小学校を舞台として-」。同学会での住民参画型現代美術プロジェクトに関する研究発表は今回で3回目です。多くの方に関心をもっていただけると良いのですが・・・。もうすぐ刊行される記録集も部数は多くありませんが希望される方には会場で差し上げたいと思います。年度末の出張で職場のみなさまにはご迷惑をおかけします。スミマセン。

パワーポイントで制作中

カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

活動記録集制作中

2012-02-22
「AKASAKI海想日誌」活動記録集を制作中です。刊行は当初の予定より大幅に遅れて3月中旬になる見込み。ワークショップにご参加いただいた方には1世帯に1冊ずつ差し上げます。もうばらくお待ちください。

制作中の記録集

カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

イタリア料理「アンティコカステッロ」

2012-02-08
「AKASAKI海想日誌」のワークショップに熊本市からほぼ毎回参加されていた男性がお勤めのイタリア料理店「アンティコカステッロ」でランチをしてきました。今回は仕事中のランチとしてはちょっと贅沢に2800円のコースを選択。出された前菜、スープ、パスタ、リゾット、肉料理、デザートはどれも素材の持ち味を生かしながら工夫が凝らしてあり絶品。そして適量。スタッフの対応も行き届いており、気さくなオーナーシェフの料理の腕と指導力に感服。久しぶりにテーブルクロスのかかった店でランチをしましたが値段以上の価値がありました。これだけの味を十分なサービスの中で気軽に味わえる店は熊本ではそう多くないはず。感心ばかりしていると気付いた時にはデザートを食べており肝心の料理の写真を撮るのを忘れていました。店の場所は熊本市の県民百貨店から歩いて5分程度の川沿い。おすすめです。

外観

デザート

カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

記念講演会「アーティストに力を与える者と物」

2011-11-06
今田淳子さんの個展「いのちのかたちと空間」の関連プログラムとして、日本を代表する美術評論家の南嶌宏さんによる記念講演会「アーティストに力を与える者と物」を開催しました。南嶌さんご自身が力を得ることとなった衝撃的な体験など多くの事例を交えながら表現という行為の尊さについてお話しいただきました。

講演会風景

tag :

小学生が展覧会を鑑賞

2011-11-01
水俣市の小学生と教職員約60人が今田淳子さんの個展「いのちのかたちと空間」を鑑賞に訪れました。
子どもたちは初めて見るインスタレーションに興味津々。
今田淳子さんが愛娘へ寄せる愛情に思いを馳せていました。

作家の思いを想像してみる

初めてみるインスタレーションに興味津々


tag :

予告 記念講演会「アーティストに力を与える者と物」

2011-10-29
今田淳子さんの個展「いのちのかたちと空間」の関連プログラムとして女子美術大学教授の南嶌宏さんによる記念講演会を開催します。
南嶌さんは2009年のヴェネツィア・ビエンナーレで日本館コミッショナーを務めるなど世界にその名を知られた日本を代表する美術評論家のひとりです。
タイトルは「アーティストに力を与える者と物」。
ワークショップやプロジェクトがアーティスト主導のように見えて、実はアーティスト自身も多くの参加者やその場の記憶から大きな力を受けているということをお話しいただきます。
つなぎ美術館が4年前から取り組んできた住民参画型現代美術プロジェクトの目的のひとつについて日本を代表する美術評論家からお話しいただけるとあって、同プロジェクトの実行委員やその経験者をはじめ多くの方々が講演会を楽しみにしています。

南嶌宏さん

日時 11月6日(日) 14:00~15:00
場所 つなぎ美術館 多目的ホール
料金 観覧料のみ
定員 50人(当日先着順)

カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

今田淳子特製ストラップ

2011-10-26
今田淳子さんの個展「いのちのかたちと空間」の開催を記念して今田淳子特製ストラップをつなぎ美術館で販売しています。
展示作品を元に今田さん自身がデザインしており商品名は左から「UNION」「BIO」「CHILD HOOD」「平和の子象さん」。
各1200円(税込)です。
プラスチックによるハンドメイドでパーツごとに分割できるためペンダントヘッドとしても使用できます。
尚、通信販売はしておりません。

ストラップ

tag :

写真撮影

2011-10-05
「AKASAKI海想日誌」活動記録集制作のため美術館と旧赤崎小学校で展示作品の撮影が行われました。
旧赤崎小学校では日没後に教室内の作品をライトアップするなどして演出。
図録の完成はプロジェクトが一段落する12月上旬の予定。
完成した図録は全国の主要な美術館や大学へ無償で配布します。
ワークショップにご参加いただいた方には1世帯に1部を差し上げます。
また、数量を限定したうえで一般の方への配布も検討しています。

撮影中


カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

中学生が展覧会を鑑賞

2011-09-30
鹿児島県内から中学生と教職員約70人が今田淳子さんの個展「いのちのかたちと空間」を鑑賞に訪れました。
人数が多かったためまずは二つにグループ分け。
最初に美術館エントランスに設置されている佐藤忠良の《トルソ》を前に彫刻の魅力について解説。
その後、館内にて「いのちのかたちと空間」を鑑賞。
初めて目にするインスタレーションに驚きの声があがりました。
最後まで生徒と教職員からの質問が絶えず予想以上の関心の高さに私も驚きました。

キリン、小鈴、赤い玉

小鈴の夢

胎内遊泳


カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

今田淳子展「いのちのかたちと空間」開幕

2011-09-17
今日から今田淳子さんの個展「いのちのかたちと空間」が始まりました。
1階展示室には「生」を、3階展示室には「死」をテーマとした空間が出現。
特に1階展示室の新作は今田さんの新たなステージでの活躍を予感させます。
アーティスト・トークも大勢の方で賑わいました。

会場風景

会場風景

アーティスト・トーク


カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

作品を美術館へ

2011-09-13
今日は朝から夕方にかけて「いのちのかたちと空間」に出展する作品を今田淳子さんのアトリエと自宅から借用しました。
大切な作品の輸送を担うのは大手運送会社の美術品専門チーム。
美術館業界では言わずと知れたプロ集団です。
作品を借用する際には所蔵者と借用する館の学芸員が一緒に作品のコンディションをチェックします。
展示終了後も借用時と同じコンディションで作品をお返しするのが鉄則。
ちなみに輸送に使用したトラックはエアサスと荷室エアコンを装備した作品に優しい美術輸送専用車両。
夜には無事つなぎ美術館への搬入を終えました。

アトリエから搬出

丁寧に梱包

自宅からも搬出

つなぎ美術館に無事到着


カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ファシリテーター危機一髪!

2011-09-08
今日は今田淳子さんと一緒にアート・ピクニックの候補地となっている海岸の下見に出かけました。
案内役は赤崎地区の地理に詳しい実行委員。
ところが普段は人が訪れない場所だけに道らしい道はありません。
仕方なくサンダル履きだった今田さんだけを途中に残して我々だけで先に進むことに。
しかし、歩き出してしばらくすると後ろから叫び声が。
振り返ると、海岸へ降りようとして身動きが取れなくなり、もがきながら助けを求める今田さんの姿が。
慌ててかけつけなんとか救出したものの、それでも悪路を無理矢理サンダルで突き進む今田さん。
やはり、アクシデントは帰り道でも襲ってきました。
今度はサンダルの鼻緒が切れて立ち往生。
とりあえず、落ちていたロープでサンダルを足にくくりつけ、しばらく歩いてみたものの再び立ち往生。
ちょうどその時、海岸に打ち上げられ朽ちかけたサンダルの片方を発見。
拾い上げてみると、なんと鼻緒が切れたサンダルと同じ右足用。
サイズも怖いぐらいにピッタリ。
九死に一生を得たとばかりに今田さんも大喜び。
こんなバイタリティーにあふれる今田さんに暖かい拍手をお願いします。

タスケテー!マジですか?

応急処置をしたものの・・・

サイズもピッタリ

カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ラジオに生出演

2011-09-05
エフエム熊本の番組「モーニング・グローリー」の中の「ヒューマン・ラボ」というコーナーに15分間ほどゲストとして出演させていただきました。
この番組への出演は今回で2回目。
前回は出演後に多くの方々からメッセージをいただきリスナーの多さに驚きました。
今回の話題はもちろん「AKASAKI海想日誌」。
パーソナリティやスタッフの方々のおかげで何とかまとめてお伝えすることができました。
放送はポッドキャスト(http://fmk.typepad.jp/blog/2011/09/fmk-morning-glo-3198-1.html)でもお聴きいただけます。
番組HP http://fmk.fm/glory/

エフエム熊本のスタジオ

カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

「いのちのかたちと空間」ポスター&フライヤー

2011-09-01
「AKASAKI海想日誌」でファシリテーターを務める今田淳子さんの個展「いのちのかたちと空間」のポスターとフライヤーができあがりました。
本展では「生」と「死」がたたずむ空間をインスタレーションを交えた作品群で構成し、今田淳子さんの挑戦の軌跡、そして変化と飛躍の兆しを伝えます。
会期初日の9月17日(土)は、午後2時からアーテイスト・トークも開催します。

フライヤー表面

フライヤー裏面

カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

風光明媚な赤崎

2011-08-28
旧赤崎小学校がある熊本県津奈木町赤崎。
不知火海に面し天気が良い日は対岸の天草地方が望めます。
内海ゆえに波も穏やか。
路地裏には民俗神が祀られるなど集落全体が和やかな雰囲気に包まれています。
漁業のほかに温暖な気候を利用した柑橘類の栽培が盛んです。

中央に見えるのが旧赤崎小学校

赤崎地区

カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

虹をかける男

2011-08-16
今回のプロジェクトにゲスト・アーティストとして参加するレインボー岡山さん。
コミュニーケションをテーマにしたパフォーマンスやワークショップで知られる熊本県在住の美術家です。
人と人、人と物を美術という手段でつなぐ行為そのものがレインボー岡山さんの作品です。
津奈木町が取り組む住民参画型現代美術プロジェクトの第1弾、2008年の「津奈木ハートマン計画」でファシリテーターを務めていただきました。
今年の「AKASAKI海想日誌」で4年目となる住民参画型現代美術プロジェクトが年を重ねるごとに盛り上がりを見せているのも、第1弾でレインボー岡山さんが現代美術の魅力を地域の視点で住民に伝えることができたからでしょう。
今回は、8月21日のワークショップ「アートdeマルシェ」と10月16日のアート・ピクニックで今田淳子さんとともにファシリテーターを務めていただきます。
写真は「津奈木ハートマン計画」でのレインボー岡山さん。

「津奈木ハートマン計画」でのレインボー岡山

「津奈木ハートマン計画」でのワークショップのようす

カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

旧赤崎小学校

2011-08-13
今日は大潮ということで早朝から赤崎地区へ写真とビデオ撮影に出かけました。
昨年3月に閉校となった赤崎小学校。
海の上の校舎は1976年に平地が少ない海浜地区で運動場を確保するために建てられました。
船を模したデザインで随所に遊び心が感じられます。

校舎正面

校舎の下は海

校舎全体が船を模したデザイン

船のような丸窓

「海の子文庫」ゆっくり読書ができそうです

教室に掛けられた昔の写真

カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

巨大繭玉制作続行

2011-08-11
7月のワークショップで完成まであと一歩・・・というところでタイムアウトとなり制作が中断していた巨大繭玉。
今日は午後から今田淳子さんが細部を調整しながら制作を続行。
完成は目前なんですが、けっこう蒸し暑くて・・・。

繭玉を仕上げます

カテゴリ :「海想日誌」その他 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking